スタッフから一言! 〜From 道下 雅昭
→とにかく頑固です。とは言っても悪い方に取らないでくださいね。
どうしたらお客さまのためになるか?どうしたら喜んでいただけるか?と言うことに一生懸命になるが故の頑固さなのです。品質や工程管理を懸命にしている姿が印象的ですよ。少々内弁慶かもしれませんが、チョットはにかんだような笑顔もいい顔しています。

<担当させて頂いたお家
<品質管理担当> 江浪 敏喜

この世界に進もうと思ったきっかけは、小学生の時に実家をリフォームしてくれていた大工さんの仕事を見て「スゴイ」と思った事が今思うときっかけだったように思います。と言いながら、小中高の間は恥かしながら、本気でプロ野球選手になりたいと思っていました。

夢は残念ながら叶わなかったですが、建築系の大学へ進学し卒業してすぐに、ゼネコンでマンションや商業施設などの現場監督として働き始めました。当時は、大きな建物を建てる事へ関わる事が楽しいなと思いながら働いていました。しかし、当時の環境は、そこに住む人や使われる人との関わりがほとんどなく建物を完成させる為に働いていたような環境でした。

そんな時に思った事が、もっとそこに住む人や使う人の喜ぶ顔が見える環境で働きたい。そして、何年後かに建てて良かったなと思ってもらえる家をたくさん手掛けて行きたいという思いでした。
今は、そんな環境の中で家創りを出来ている事にとても感謝をしています。

この思いを実際の形にする為には、自分自身まだまだ知識も経験も不十分な所が有りますが、住む方々の思いの詰まった家創りを任せて頂いているという事に誇りを感じ、何が住む方々にとって最良なのか、満足して頂けるのかを考えて、1件1件の家創りのお手伝いをして行けたらと思っています。


ブログネーム:アゴヘル
担当:品質管理 
趣味・特技:野球・ゴルフ・スポーツ観戦
出身:京都府京丹後市
資格:SE構法管理技士                               

3つの好きなこと
●好きなところ:海
●好きな海外ドラマ:24
●好きな食べ物:レバ刺し(今はもう食べられませんが・・・)

~history~
金沢工業大学建築学科を卒業後、大阪のゼネコンに就職、RCやSRCのマンションの現場監督として4年間勤務。その後、実家に戻りたい、お客さんの見える仕事をしたい、木造の建物に携りたいという思いが生まれ、退社。そこから、木造を学ぶ為京都の木造建築専門学校へ2年間、その後ご縁を頂き、道下工務店にお世話になり、現場監督として現在6年目を迎えています。

人としゃべるのが好きで、色々な人との出会いが楽しいです。もっともっと建築に携る者として様々な方面でレベルUPを図り、たくさんのお客様の笑顔に出会える様、永~いお付き合いが出来る様、日々前進していきたいと思います。

Copyright (C) 株式会社道下工務店 All Rights Reserved.