「140年の歴史が見守る家」

我が家の自慢は何といっても“新”と“旧”の融合でしょうか。
新築なのに歴史を感じる・・・。我が家の家の中心には昔の母屋の大黒柱が天井にはススで黒くなった大きな梁が、そして、所々に古い建具があります。

そう、我が家は母屋を解体し、柱や建具を再利用して建てた新築です。
古き良きものを大切にし、「見せて」「使う」ことが出来て嬉しく思います。そして、それを実現して下さった道下工務店に感謝しております。

新築ならでは!な所は、夏も冬も快適に過せる事。結露は本当にありません。そして、自然の木の肌触りは最高です。涼しさもあり、温もりも感じます。

子ども達も、家の中で裸足で元気に走り回っています。
私のお気に入り(こだわり)は、ワンフロアの空間です。
我が家の家のしきりは、大体扉で壁が少ないです。
キッチンからは全ての空間が見渡せます。そして、面倒くさがりな私は、ほとんどの家事が1階で済むように生活の中心、家族の居場所がワンフロアで済むような間取りにしてもらいました。どんな時も家族を感じる事ができて、とても気に入っています。

「いつか、子ども達が大人になって更なる歴史を刻み続ける家になっていけばいいと思います。」

工事内容   :新築
工法     :在来工法
地域     :兵庫県丹波市
家族構成   :ご夫婦・お子様2人
建築面積1F :79.07㎡
建築面積2F :60.87㎡
建築面積合計 :139.94㎡

Copyright (C) 株式会社道下工務店 All Rights Reserved.